ローン契約書の印紙って何の為に貼るものですか??

ローン契約書の印紙って何の為に貼るものですか??

銀行との契約時、ローン契約書に収入印紙を貼付しなくてはいけないと聞きましたが、
そもそも収入印紙がどういったものなのか分かりません。


ローン契約書に貼付する印紙は、貼付して消印をすることで印紙税を払ったこと
になり、消印された収入印紙は納税の証明であるわけです。

印紙税は契約書・受取書などの【証明】に課税される税金で、契約書の内容や契約金額、受取金額などによって印紙税額が定められています。
金銭を授受するような契約は税金を課するに値する、という概念から課税されるものです。
印紙税を負担するのは課税文書の作成者です。契約ですから2人以上の人がかりあっているわけで、その双方に納税義務があります。
通常、領収書はお金を受け取った方、賃貸契約書などはお金を払う方、金銭借用契約書などではお金をもらう方が印紙税を負担するようですが、
法的にはどちらが負担してもより、つまりどっちでもいいからとにかく払ってね、というのが税務署の言い分です。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する