連帯保証と連帯債務の違いは?

連帯保証と連帯債務の違いは?

共働きの私たちは住宅を買おうとし、住宅ローンについても勉強しております。


共働きですと夫婦ペアローンがローン減税等で有利とのことですが


その際、「連帯保証」と「連帯債務」と2パターンがあるようですが違いを教えて下さい。


連帯保証はお互いに相手も保証人となり、夫婦それぞれが債務を負う方法


連帯債務は夫婦が連帯して1つの借入をする方法です。

【連帯保証の場合】


具体的には4000万円のローンをお考えの場合


ご主人が2500万円・奥様が1500万円を各々借り入れることとしました。


その際、ご主人様は奥様が1500万円借りることへの連帯保証人となります。


その逆もまたしかりです。


よって相手が万一の時には相手のローンは無くなりますが


自分のローンは残ります。


ただし、双方に保険料負担なく団信がかけられます。


【連帯債務】


主たる借主をご主人とし、4000万円のローンを組みますが


奥様も連帯して借主となるものです。


連帯保証方式に比べ取扱い金融機関が限られてます。


また、フラット35はこれしかやってないと言っていいでしょう。


一般的に連生団信加入の為、どちらに万一のことがあってもローンはすべてなくなります。


一方、団信料がかかります。


どちらを選ぶかにより、借入先も限定されますのでよくご検討下さい。


 

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する