不動産購入についてのローンの流れがイマイチわかりません。

不動産購入についてのローンの流れがイマイチわかりません。

不動産購入にあたって、不動産の契約と住宅ローンの契約がリンクせず、イマイチ流れがわかりません。おおよそのスケジュール感を教えて頂けないでしょうか。


不動産購入とローンをあわせて考えますと、ローンの事前審査→不動産の契約→ローンの正式審査→ローンの契約→ローンの実行・不動産決済、という流れになります。

まず、不動産契約の前に「住宅ローンの事前審査」をおこなうのが一般的です。


ここで、お借り入れしたい金額が実際に銀行の審査上可能なのか、また、可能であればその内定を取り付けます。



事前審査が通ってローンが借りられそうということであれば、安心して不動産契約にすすめます。



不動産契約の後、その契約内容等をあわせて、あらためてローンの正式審査をおこないます。


事前審査の結果をもとに、どの銀行の条件がよいのかを考え、申込先を決定します。



正式審査の承認がおりたら、実際にローンのご契約(金銭消費貸借契約)をおこないます。


お借入金額、期間、返済方式等の確認、住宅ローン全般のご説明・注意事項のご説明等を受け、


内容にお間違いがなければ、署名・捺印して契約が成立します。



不動産の決済当日、司法書士による本人確認ができましたら、実際に銀行からお金が振り込まれます。(融資の実行)


販売元へ残代金をお支払し、各方面へ諸費用をお支払します。


当日中に司法書士が登記・所有権が移転し、後日権利証が郵送されます。


 


以上がざっくりとした一般的な全体の流れになります。


 

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する