契約前のことでも、不動産業者へ損害賠償請求はできるのでしょうか?

契約前のことでも、不動産業者へ損害賠償請求はできるのでしょうか?

景観が気に入っていることを認識していて、それがなくなることも、
ネット検索すれば一般レベルでもヒットする情報であった場合、
「いつ建つかは分かりませんから、今手放すのは勿体無い」
「この敷地面積の広さから2階建てであろうから、3階からの眺望は大丈夫」
などと言われ、契約直前までいきました。


不動産業者の適当な説明が、行政処分の対象となる可能性があると伺いましたが、
私たちへの損害賠償などは請求できるのでしょうか?
正直家探しに疲れたことと、「信じてついてきてください!」と意気込まれたにも
関わらずこの失態。
完全に信用を失い、責任を追求したい気持ちです。
契約前であるので損害賠償的なことは難しいのでしょうか?



契約前での業者への損害賠償請求は、状況によると思われます

宅建業者の業務として不適切なところがあれば、契約前であっても宅建業者は
処分対象にはなりますが、買主に対して損害賠償の支払い義務が生じるといった
類の処分ではありません。
宅建業者への不信感、住宅探しへの失望感といった精神的なものでは、
難しい印象があります。


但し、購入へ誘導する為の明らかなウソなどによって、その契約に向けて準備をはじめ、
購入希望者側に過失(落ち度)がないと思われる状況で実損が生じたときは、
契約前でも損害賠償の可否の状況は違ってくると思います。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する