売却依頼をした不動産業者でなくても、購入希望者を見付けてくれるとは本当ですか。

売却依頼をした不動産業者でなくても、購入希望者を見付けてくれるとは本当ですか。

不動産業者に売却依頼をするとき、その業者しか物件の情報は知りえないと
思っていましたが、他業者も知ることができ、また依頼もしていない業者が
販売活動もするというのは本当でしょうか。


個人情報にうるさい時代に、そんなことがあるのでしょうか。


市場にある物件の8割程度の案件は、どの業者でも検索して販売活動ができます。

 


不動産業界では、市場にある物件の8割はレインズという不動産流通機構が
運営しているネットワーク・システムで物件情報を共有しています。


売却依頼された物件が登録されれば、他の不動産業者もその情報を取得できます。
そして、条件に合いそうな買主の方に、その物件を紹介して気に入って頂ければ
成約と進んでいきます。


このレインズに登録された売出し物件は、売却依頼を受任した業者だけでなく、
どの業者でも買主に自社の紹介でき、成約に至れば買主から仲介手数料を頂くことができます。
もとろん売却が成功すれば、売却依頼を受任した業者も売主から成功報酬
としての仲介手数料を売主側から頂けます。



当然、レインズに登録するためには売主である売却依頼人の了承が必要ですが、
それらの了承を含めた媒介契約を締結して、販売活動を行うということです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する