売却をお願いしている業者が、ウソをついて販売活動をしないことがあると聞きました。

売却をお願いしている業者が、ウソをついて販売活動をしないことがあると聞きました。

以前、不動産業者でアルバイトをしていた友人が、物件がまだ売れていないのに、
購入希望者を紹介できるという業者から問い合わせがあっても、ありもしないのに
契約予定とウソをついて話を進めないでいる状況をよく目にしたと言っていました。


売れれば業者にも手数料が入るのに、そんなことをすることがあるのでしょうか。


囲い込みという、売却を妨害する行為があります。

不動産業者はレインズというネットワーク・システムで物件情報を共有しており、
レインズに登録された売出し物件は、売却依頼を受任した業者だけでなく、
どの業者でも買主に自社の紹介でき、成約に至れば買主から仲介手数料を
頂くことができます。
もとろん売却が成功すれば、売却依頼を受任した業者も売主から成功報酬
としての仲介手数料を売主側から頂けます。


しかし、売却成功時には売却依頼を受けている売主から手数料を頂けますが、
買主については、他の仲介業者が見つけてきて成約に至った場合、買主側からの
仲介手数料は、紹介してきた業者が貰うので、こちら側は頂けなくなります。
業者としては、売却と購入の両方のお客様を自社で見つけ、成約して両者から
報酬をもらう『両手』といわれるかたちで契約することが、同じ一つの物件の
成約で倍の売上げになるので望ましいと考えます。


その為、本来ならあってはならないことなのですが、レインズに登録して直ぐに
他社から問い合わせが入ると、「売り止めです」「契約予定です」と言った、
要はご紹介できませんという断り文句で、他社紹介の買主を付けさせない動きを
している業者が未だにあると聞きます。
これを囲い込みというと言います。


問い合わせる側(買主側)としては、「登録されて直ぐなのに?」と感じますが、
「登録されて直ぐに問い合わせが入る物件なら注目度も有り、自社でも比較的
買主が見つかる可能性は高い物件」と判断し、余計に他社の客付けを排除する
業者もあるようです。


ヒドイ場合はでは、売却する気はまったく無く、もっともらしい売れない理由や、
売るための相場に関するアドバイスを提案し、一定額まで値段を下げさせて
自社で買い取る(他の買取業者に自社の利益分を乗せて売却目的)方向で動く
業者も少なくないようです。
仲介手数料で稼ぐより、素人である一般の売却希望者から安く仕入れ
それなりの値段で売却する方が、利益が大きいことが多いからです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する