一般仲介にすると、専任より売れないことが多いというウワサは本当でしょうか?

一般仲介にすると、専任より売れないことが多いというウワサは本当でしょうか?


前回質問したものです。
追加でアドバイスをいただけたら幸いです。


囲い込みについては私も大丈夫なのか指摘しました。
各社のコメントは以下の通りです。
 1.売却専任業者:
  まさにこの不動産の悪しき習慣を壊すため,売主に後悔させないため売却
  特化している。
 2.大手業者(両手):
  「囲い込み」はやらない。やれば逆の立場の場合に案件を紹介してもらえ
  ない。この業界はギブアンドテイク


どちらももっともなことを言ってますが、うまく丸めこまれているのか分からないので、
念のため、一般仲介にして2社に売却活動を依頼することが良いかと考えています。


しかし、ネットで検索すると、たくさんの業者が販売活動のできる一般媒介の方が、
案外、しっかり動いくれなかったりで売れづらいと書かれていました。


売却依頼を一般媒介とすると、消極的になりやすい業者が多いようです。

売却依頼を専任や専属専任でなく、一般媒介とすると、モチベーションや営業活動は
消極的になりやすい業者が多くなるのは確かです
一般媒介については専任や専属専任と違い、他の業者にも依頼ができますから、
広告に経費を掛けたり、スタッフや時間を使って営業活動に勤めても、購入、
売却どちらも他社で決まる可能性があり、まったく売上げにならない可能性が
あるからです。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する