住む気のない家で、契約を白紙にできない場合、他に何か良い案はありませんか。

住む気のない家で、契約を白紙にできない場合、他に何か良い案はありませんか。

隣への日影やクレームの可能性が気になり、購入した家に住む気になりません。
ローンの支払いもスタートする中で、契約も白紙にできない状況です。
引渡しまで終わっていますし、契約を白紙にできません。
解約以外に他に何か良い案はありませんか。


転売や賃貸の可能性を模索してみては如何でしょう

どうしても当該物件での居住に気が向かないようであれば、転売や賃貸などの
方向で模索してみては如何でしょうか。
土地に関しては建物と違い、古くなって価値が落ちるものでもないですし、
購入後直ぐであれば、購入時と相場も大きくは変わっていないと思います。


但し、仕入れ業者に売る場合は、その業者が販売時に利益を出すため、
購入額(市場価格)より、当然安く売ることになります。


また、相場通りで売却したい場合、買主は一般ユーザーとなるのでしょうが、
買主を探し出す販売活動やネットや紙媒体の広告・営業活動を行ってくれる
仲介業者には、成約時に仲介手数料(大体は2%~3%)が必要になります。
この出費を上乗せしても売れるところまで相場が上がっていれば、
そういった価格設定で損害を回避することも出来るかもしれません。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する