抗議によって、隣地の建築計画はどこまで変更させられるでしょうか

抗議によって、隣地の建築計画はどこまで変更させられるでしょうか

自宅のリビングやウッドデッキテラス前に、勝手口、換気扇を設ける間取りで、
建物が建築中です。
その間取りについて是正できないか抗議をしたいのですが、過去にそのような
トラブルで是正された例などはあるのでしょうか。
または、やはり法律に則って建築されている限り、是正はされないものなのでしょうか。
言うだけ無理であれば、近隣関係を悪化させるだけの講義などしない方が良いかとも
思います。
しかし、抗議による是正が可能なのであれば、どこまで主張でき、またはどの程度
妥協しなければならないものなのでしょうか・・・


判例にも肯定例と否定例があります。

近隣住民の訴訟で、焼き鳥屋が排気ダクトを1階から3階屋根の上に変更した例も
ありますが、他では、排気口の高さ10mの地点にあり、臭いは拡散するうえ、住民らの
家と反対方向を向いているので受忍限度の範囲内とし、住民の請求を棄却した例もある
ようです。
また、民法235条では「境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すこと
のできる窓または縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しをつ
けなければならない」とありますが、判例にも肯定例と否定例があるので、状況や程度に
よってきます。

資料請求・お問合わせ
専門家に質問する
専門家に質問する